葬儀におけるNG行為

葬儀におけるNGについて説明します、葬儀に関して特別なものではなく人としての常識が備わっていれば問題のない事なのですが最近では平気でNG行為をする人もいて、それを注意する人も少なくなっているようです。

:葬儀に遅刻する
:香典を新札で包む
:親族、遺族の方を捕まえて長話をする
:故人のなくなった経緯を聞き出す
:参列中に知り合いと談笑して葬儀の邪魔になる
:通夜振る舞いを断る
:手のかかる小さい子供を連れて行く
:宗教の違いを理解しないで行動する

相手への配慮があれば問題ないことばかりですが葬儀に参列するのは故人を偲びご遺族にお悔やみの気持ちを見せるために参列します。優先されるべきはご遺族の気持ちなので自分本位な行動は慎むようにしましょう。

小さいお子様を連れて参列する方もいますが親族以外の参列者の立場の場合は子供を連れて参列するのは控えたほうがよいでしょう、小さい子どもに長い時間静かにするように伝えてもなかなか出来ることではありません。

宗教の違いを理解してその宗派の流儀にあわせましょう、代表的な例で言えばキリスト教でお悔やみという概念はありません。お悔やみの言葉を伝えるのは失礼にあたりますから注意してください。