葬儀でのマナーについて

葬儀でのマナーについて

お葬式は普段会う機会の少ない親族や友人が集まる場所でもあり、つい昔話に華が咲く場所でもあります、しかし故人を偲ぶために集まった場所ですから最低限守りたいマナーについて記載します。

:通夜の酒振舞で大酒飲みしない
:酒振舞の1杯めは固辞しない
:大声で話たり大声で笑ったりはしない
:子供たちがはしゃぐこともあるので静かにするように気を配る
:通夜、葬儀中は携帯電話の電源を切るかマナーモードにする
:読経の最中に居眠りはしない
:派手なメイクやバッグ、時計を身につけないこと

これらは故人を亡くした親族の方々の心中を察すれば自然と配慮できることなのですが、最近は騒ぐだけ騒いで顰蹙をかうだけの人が増えているそうです。社会人としてのマナーでもあるので語らいはほどほどに静かに故人を偲んで欲しいものですね。