故人と対面するときの作法について

通夜・葬儀・告別式で故人と対面した時の作法について

厳密に全ての動作を守る必要はありませんが大まかな流れとして理解してください。また地方や宗派によっても作法には違いがあるので不安な人は前の方の動作をよく見て同じ動作をすると良いでしょう。

1.故人から一歩下がった位置で、故人に対して一礼。
2.故人の傍へ寄って、手を合わせます。
3.故人のお顔を覆っている白布をご遺族があげてくれるので故人のお顔を拝して対面します。
4.手を合わせ、故人の冥福を祈ります。
5.故人から、一歩下がります。
6.ご遺族に一礼して、退席します。

以上です。

この時に故人に語りかける人もいますが言葉短くするように心がけましょう、あまり長いと後の参列者が待つことになります。