葬儀・告別式の服装

葬儀・告別式に参列するときの服装

:男性の場合
ブラックスーツ、スーツはダブルまたはシングルが良いとされてますが三つ揃いでも大丈夫です。白シャツに黒無地のネクタイを着用すること。

靴下は黒に統一する、決して白地の靴下は履かないこと。

:女性の場合
黒のスーツ又はワンピース、肌が余り露出しないものが良いとされます。
ストッキングは黒、靴も黒を着用する。いずれにしても地味なものにする。

男女ともに全体は紺色または黒で統一しシャツを除いて白色の服は身につけないこと、冠婚葬祭で着回しのきくフォーマルスーツのブラックは社会人になったら必ずひとつは持っていると良いでしょう。

略式喪服で参列するべきで正式喪服に着替える必要はありません。ブラックフォーマルスーツ1着あれば通夜、葬儀、告別式と参列しても恥ずかしい思いはしないで済むでしょう。

冬場はコートを着用して葬儀場を訪れますがマナーとして葬儀場にはいる前にコートは脱ぐようにしましょう。またコートの材質も毛皮や革製品など着用するのを避けるようにいわれてます。これは他の防寒具にも同じことです。