葬儀前のNG行為について

葬儀前にやってしまいがちなNG行為について

・訃報の知らせを受け、深夜に弔問へ出向く
なくなった直後はご遺族も慌ただしく葬儀の準備に追われることにいなります。どんなに親しい方の場合でも、深夜の弔問は遠慮し、どうしても葬儀前に弔問に行く場合は事前にお伺いしましょう。。

・電話でお悔やみを述べる
葬儀を控えたご遺族は、家族を亡くした悲しみの中で、取り込み中です。そんなときに電話をかけてお悔やみを述べるのは、丁寧なようで非礼にあたります。参列できないときは弔電を打ちましょう。

・喪家へ長居をする
葬儀の喪主は葬儀に向けて慌ただしく動くことになります。想像以上に大変で疲れる作業です。そんな大変な時に長居をするのは配慮の掛けた行為です。お悔やみの言葉を述べてすぐに引き上がりましょう。 親しい関係だった、ご近所の場合は何か手伝えることがないかを伺い進んでお手伝いしましょう。

・故人との対面を自分からお願いする
故人との対面を自らお願いするのは配慮に欠けます。
ご遺族から勧められた場合にのみ、謹んでお受けするのがマナーです。

故人にお逢いして言葉をかけたい気持ちも分かりますが優先すべきはご遺族の気持ちであることを忘れないでください。