通夜に参列するときの服装について

通夜に参列するときの服装

:男性の場合
黒または濃紺ののダークスーツにネクタイは黒または地味な色合いを着用する
靴下は黒に統一する、決して白地の靴下は履かないこと。

:女性の場合
紺・グレーなどの濃いめ地味なスーツ又はワンピース
ストッキングは黒もしくは肌色、いずれにしても地味なものにする。

男女ともに全体は紺色または黒で統一しシャツを除いて白色の服は身につけないこと、通夜の服装で仮通夜に参列することは問題はありません。

基本的には略式喪服で参列すれば良いでしょう。ブラックフォーマルのスーツしか持っていない人は通夜、葬儀、告別式ともにブラックフォーマルスーツで参列しても問題はありません。

ただし、通夜葬儀の両方に参列する際にはスーツ下のYシャツは着替えるほうが良いとされています。